やっぱり遺伝する?ワキガが子供にうつる確率は?

iden

将来的に子供が欲しいと考えていても、自分またはパートナーがワキガだったら子供への遺伝が心配ですよね。

「子供にワキガが遺伝したらどうしよう…」
「どれくらいの確率でワキガは遺伝するの?」

このように考えているのではないでしょうか?

やはり将来の子供に遺伝はさせたくないもの。

気になる情報を今回の記事では解説していきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

親がワキガなら子供にも遺伝する確率は高い

最初に結論を言ってしまうと、親がワキガであればそれは子供にも遺伝する確率が高くなります。

  • 両親がワキガの場合…80%以上の確率で遺伝
  • 片親がワキガの場合…50%以上の確率で遺伝

親がワキガなだけで50%以上の確率で遺伝してしまいます…

なぜこんなに確率が高いかと言うと優性遺伝というのが関係しています。

形質が現れやすいものを優性遺伝というのを習いましたよね。中学の理科だったと思います。

形質が表れやすい、つまりワキガの形質が表れやすいということです。

ワキガが表れないよりも、ワキガが表れやすいように遺伝子はできています。

だから、高い確率で遺伝してしまうんですね。

 

ワキガが遺伝して症状に表れるのはいつから?

だいたい思春期の時期にワキガの症状が出ることが多いようです。

ただ、これはあくまで目安でここ最近の生活環境の変化のせいで、小学校の早い段階から症状が出る人もいます。

逆に大人になってからようやくワキガの症状が出てくるという人もいます。

さらには症状が出ない人もいるかもしれません(実際はワキガ体質であっても)。

実際のところ、ワキガの症状が表れるかどうかは個人差があります。

 

ワキガが遺伝しないようにする方法はないの?

ワキガは高い確率で遺伝します。では遺伝しない方法はないのか?

残念ながらそのような方法はありません。

やはりワキガの遺伝子というもの自体を変えることはできないからなんですね。

確率的に遺伝する確率があるということで、ある程度は遺伝することを覚悟しておきましょう。

 

子供にワキガが遺伝した場合の対策

では仮に子供にワキガが遺伝した場合、どういった対策が必要なんでしょうか?

まず最初に思い付くのは手術かもしれません。

しかし、手術は子供にはおすすめできません。

まず第一に手術の失敗のリスクです。

手術に失敗してアポクリン腺を完全に除去できなければ、再発の可能性も出てきます。

アポクリン腺は20歳くらいまでは発達するので、手術で取り残しがあると再発する可能性が出てきます。

そして、手術は高額ですし、何より怖いですよね。

特にまだ精神的に未熟なお子さんに手術をすすめることもできないかと思います。

ということで別の対策としてワキガクリームをおすすめします。

ワキガクリームならリスクもなく、お子さんの精神的なハードルも軽減させてあげられるでしょう。

私が使ったこちらのワキガクリームなんかが人気のワキガクリームとしてありますので、体験談も参考にしてみてください。

>>ワキガクリーム・クリアネオを実際に使った体験口コミ